断熱コンクリートのシンプルな家


by jutok
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


感動を超えるアンビリーバブルなチェコの歩道橋

墓地へと向かう途中のジェトビス川を渡る橋

超高性能繊維補強(UHPC)コンクリートによる
無筋コンクリート造

床厚 6cm 
手すり壁厚 3cm
10mスパン

使用コンクリート量
たったの 1.4m3 !!!
補強なしのコンクリート単独の材料値段だけだと2万円くらい?

翻訳間違いだと思ったけど、本当にそうらしい。
こういうものを自分も作りたい。
本当に素晴らしいと思います。


チェコのAoc Architect
http://www.aoc.archi/…/p…/5/footbridge-over-dretovicky-potok

場所
https://goo.gl/maps/GwZ95uCUJsbhgtsa8

付け加えるとこの橋が凄いのは、UHPCだけでなく、
それより大事なのは、むしろ構造設計です。

曲面やアーチの組み合わせで こういうスレンダーな架構が
成立しています。

構造計算を超えた構造デザインの領域なのですが、
僕自身はこういう構造デザインに惹かれます。
僕の螺旋階段もそういう類のものです。


# by jutok | 2020-01-24 08:46 | 建築見学


今まで、断熱コンクリートを実現するために
コンクリート壁の中に断熱材を打ち込み、
内外共、コンクリート打ち放し仕上げを可能とすることは
実現してきましたが、

コンクリートそのものに断熱性能を持たせる事にも関心があります。

ヨーロッパ、特に、ドイツ、フランスなどの国では
コンクリートの断熱に関する研究が日本より進んでいると思っています。
社会のニーズがそれだけ大きいのだろうと想像します。

Liaporという会社は
コンクリートに発泡ガラスexpanded glassを混入して断熱性を持たせたコンクリートを
作っていて、スイスの建築家が実作で使用しています。

僕は、日本でも発泡ガラス混入断熱コンクリートを実現するか
あるいはこれを参考にして

発泡ガラスを入れる代わりに発泡スチロールビーズをコンクリートに
混入したら、同じような効果が得られるのではないか
そういうことを研究していきたいと思っています。
こういうことは、知見を共有しながら進めていって、社会のためになれば
いいと思っています。
同じような関心を抱いている方がいらっしゃれば
ぜひご連絡ください。

Liaporの参考リンクです

Liapor


こちらは、軽量骨材として使われている発泡ガラスの製品です。




日本では松尾栄治さんが研究をしているので
勉強させていただきたいと思っています。

ポリスチレンビーズコンクリートにおける材料分離の抑制について




# by jutok | 2020-01-05 11:08 | 断熱コンクリート

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。

年末は以前勤めていたNASCAの熊本研修忘年会に参加させていただき、
NASCA作品を古谷誠章さんの解説付きで勉強させていただく貴重な体験が出来ました。

この建築的刺激を2020年に活かしていきたいと思います。
4作品見学させていただきました。

*天草ビジターセンター・天草展望休憩所
*熊本市医師会館・看護専門学校
*山鹿市立鹿北小学校
*阿久根市民交流センター 風テラスあくね

下のリンクから、Flickrでたくさんの写真がご覧いただけます。


# by jutok | 2020-01-01 19:41 | 建築見学

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

今年も宜しくお願いいたします。

「芦屋の家」の螺旋階段が、Dezeenが選ぶその年の美しい階段10選(2019年)に選ばれました。
他にも様々な階段がご覧いただけますので、サイトを訪れてください。



2016年にも、「安芸津の家」の螺旋階段が 同じように選ばれました。




# by jutok | 2020-01-01 19:28 | 建築サイト

イタリアから


ミラノ工科大学の学生が阿品の家を発表している図面をインスタで送ってくれました。

ミラノ工科大学には、こういう建築が好きな人が多いのかもしれません、
昔からインターンの応募が多いので。
僕が逆に行ってどんな教育が行われているのか見てみたいです。

イタリアといえば、
イタリアから出た作品集では、パレルモ大学のAntonino Magagliotta教授が、
スペインから出た作品集では、イタリアのフェラーラ大学のGabliele Lelli教授が
批評文を書いてくださいました。

以前、藤本事務所で働いていたアンドレアはリミニ出身です。
阿品の家と芦屋の家の設計を手伝ってくれました。

イタリアから_c0160713_10014188.jpg






















イタリアでは、シンプルで抽象的なコンクリート住宅が、文化的に受け入れ易いのかもしれません。
本当のところはわかりませんが、3つの大学とリミニには、早く行きたいものです。

# by jutok | 2019-12-21 09:42 | その他

住宅特集 2020年1月号

住宅特集 2020年1月号_c0160713_10160528.jpeg
芦屋の家が 「新建築 住宅特集 2020年1月号」に掲載されました。

敷地探しから共に行い、子供4人の6人家族が気持ちよく生活を送れる家を目指し、
仲の良い家族の雰囲気と敷地の豊かさから導かれ、
シンプルで豊かさの本質を備える生活空間を考えた住宅です。

ぜひご覧になって下さい。

住宅特集 2020年1月号_c0160713_10234895.jpg




住宅特集 2020年1月号_c0160713_10160444.jpeg
阿品の家も 「新建築 住宅特集 2019年11月号」に掲載されています。

土地を購入する前から相談をいただき、急斜面に対する基礎の検討を行い、
杭が不要なことを確認し、予算内で土地取得から建設まで可能となった計画です。
宮島を望む眺望のいい敷地で、斜面のメリットを住宅内部の生活空間に活かした
この場所ならではの豊かさを追い求めた住宅です。

あわせてご覧下さい。

住宅特集 2020年1月号_c0160713_10241258.jpg



# by jutok | 2019-12-19 10:27 | 掲載誌
おちきり-大町福武用水取水口_c0160713_15274710.jpg

思いもかけず魅力的な土木建築物に出会うことがある。

コンクリートの物性とプロポーションがいいのだろう
まとわりつく階段がより建物を官能的にしている。

この建造物の正体は農業用水の取水口
愛媛県伊予西条町にある「大町福武用水取水口」
加茂川の落切堰だから愛称は「おちきり」

これを住宅にコンバージョンして、あるいは新築でこれと同じものを作って
住みたいと思わせる豊かさがある。

1957年に完成、2年ぶりに行くとちゃんとメンテナンスされて以前より綺麗になっていたのが嬉しい。
美しいものは大事にされ長持ちする。

メンテナンス前(2016年5月撮影)
おちきり-大町福武用水取水口_c0160713_15292163.jpg

メンテナンス後(2018年5月撮影)
おちきり-大町福武用水取水口_c0160713_15293804.jpg

とても美しいと思う。
おちきり-大町福武用水取水口_c0160713_15295069.jpg

https://www.flickr.com/photos/jutok/albums/72157696721023364
# by jutok | 2019-12-18 15:30 | 建築見学
海外の建築サイトに「芦屋の家」が紹介されました。
レイアウトや言語もいろいろあり ページの違いが楽しめるのでご覧になってください。
海外の方にも知ってもらう機会を作ってもらえて嬉しく思います。

ArchDaily




Dezeen




metalocus




designboom




afasiaarchzine




propgoluxury




gooood




subtilitas




archilovers




archello




architectmagazine

https://www.architectmagazine.com/project-gallery/house-in-ajina_o


# by jutok | 2019-12-18 14:25 | 掲載誌
海外の建築サイトに「芦屋の家」が紹介されました。
レイアウトや言語もいろいろあり ページの違いが楽しめるのでご覧になってください。
海外の方にも知ってもらう機会を作ってもらえて嬉しく思います。

divisare



dezeen




ArchDaily




ArchDaily.Brazil



afasiaarchzine

designboom


architonic

architect

https://www.architectmagazine.com/project-gallery/house-in-ashiya_o


METALOCUS

archello

archilovers

magaceen

THISISPAPER



minimalissimo

plainmagazine

journal-du-design

ignant

archaic

designcollector


gooood



arquitecturablanca





# by jutok | 2019-12-18 13:25 | 掲載誌

住宅特集2019年11月号

ajinaJT

阿品の家が 「新建築 住宅特集 2019年11月号」に掲載されました。
ぜひご覧になって下さい。


# by jutok | 2019-12-04 12:11 | 掲載誌
helix

コンクリート螺旋階段の説明です

螺旋階段のスラブを抜き出した図ですが、左から

1番左の上下が、数学用語で「常螺旋面( ordinary helicoid)」の垂直断面です
スクリューの羽根が水平です。
一般的な螺旋階段の作り方です。

2番目の上下は、数学用語で「斜螺旋面( oblique helicoid)」の垂直断面です。
スクリューの羽根に角度がついています。

構造的・数学的に「常螺旋面」と「斜螺旋面(斜角ねじ面)」は別物です。
 
3番目の上下は、今回作ったコンクリート螺旋階段の垂直断面です。
 断面形は直角三角形になっています。
 断面の上面を「常螺旋面」で底面を「斜螺旋面(斜角ねじ面)」で定義した直角三角形になります

一番右は、この構造体に階段の各段を書き入れたものです

曲面スラブの曲げモーメントが力が流れる螺旋状の作用線の面内・面外で発生せず、
無筋コンクリートで作れると直感的に思い考え始めたものです。

幾何学の美を引き出すための、この3角形の断面の発見と製作方法の閃きが特筆点だと思っています。

Youtubeで公開しているメイキングビデオも併せてご覧ください。
Explanation of the concrete spiral staircase.

From Left
The figures on the far left are what called in mathematically the "ordinary helicoid" vertical-section.
The blades of the screw are horizontal.
This helix makes the standard spiral staircase.

The 2nd figures are what called in mathematically the "closed oblique helicoid" vertical-section.
The blades of the screw are angled.

Structurally and mathematically, "ordinary helicoid" and "oblique helicoid" are two different things.

The 3rd figures are the vertical-section of the concrete spiral staircase.
Specifies that the top surface of the section is "ordinary helicoid," the bottom is defined in "oblique helicoid."
It has a right triangle vertical-section.

On the far right, each step of the stairs is written on this structure.

The bending moment of the curved slab was reduced in both the X-axis and Z-axis directions of the helix line where the force flows.
I began to think intuitively that it could be made of un-reinforced concrete.

To bring out the beauty of geometry, the discovery of this triangular vertical-section, and the inspiration of the fabrication method are noteworthy.

# by jutok | 2019-12-04 11:56 | 螺旋階段
福山市・鞆の浦は、自分の知っている20年前に比べるとお店も増え、観光客も増え賑わっています。

先日、鞆の浦に行ってふと気付いたのですが、
僕は、鞆の浦といえば漁師町のイメージを持っているのですが、
自分も含めて観光客の人は、漁師の家を見ることはなく、
常夜灯や太田家住宅のあたりを見学して、これが鞆の浦だと認識して帰っていきます。

漁師の家を見ることはないでしょう。日本全国漁師町というのは、狭い敷地にひしめき合って
建物がごちゃごちゃして建っている集落が多いと思います。
そういう鞆の浦の風景に興味を持つ観光客は少ないのではないか。

保命酒の製造者であった太田家の周辺は、酒屋、商人の町であり建物も町家形式です。
まして、太田家住宅は、今の時代であれば大豪邸であり、国の重要文化財に指定された後に
6年の歳月と10億円に近い費用をかけ保存修復が行われた建物です。

築200年の建物です。僕の感覚では最近建てられた建物という感覚なのですが、
建設当時も莫大な費用が掛けられ、修復にも莫大な費用が掛けられ、
家はそういうものしか残らないし、そういうものにしか観光客は関心を持たないものなのでしょうか?

設計をしている立場から言うと、現代の庶民、普通の人の家を普通の値段に作って
太田家住宅に負けないように長い期間 大事にされ続ける建物をつくりたいと思っていて、
そのためにも、耐久性があって、時代が変わってもその時代時代の人に美しいと感じてもらえる
普遍的な美しさを持つように設計をしたいと思っています。

ギリシャ、ローマの時代から、奈良、平安の時代から現在残っていて、
価値があるとされている建物は、権力者、教会・寺院・お金持ちの建築物ばかりです。
近世以前は、文化の主役はそう言う上のレベルの人たちだけのものだったので
仕方がないのですが、近代以降から現代は普通の人が文化の主役の時代だと思うのです。

自分が庶民だからこそ、普通の人の家を、とてもいいように設計したいと思っています。

そう言う意味でも、民家が好きだと言っても、当時のお金持ちの商人の町家には興味がなく
農村に立つ、平家の農家に惹かれています。
(地主と小作農の関係もあったので、残っているのはある程度裕福な農家が多いのですが、
そうでもないのもあり、そう言うものは一際輝いています。
家の価値はお金の多い少ないというのを設計の力で超えていきたいのです。)

先日、鞆の浦を散歩していて、ふと面白いことに気づきました。
動画にしてあるので、宜しかったらご覧ください。
結構、どうでもいいことですが、個人的な設計者視点、民家研究の視点からすると面白いテーマを発見しました。
11分後ぐらいからが本テーマです。


鞆の浦の漁師の家のお風呂は玄関の向かいにあることの発見。
11:40に扉が開いていたためお風呂の位置に偶然気付き興味を持ちました。
農家住宅でもお風呂は外棟に作られているのはよく見るので、それに関しては不思議でないのですが、
玄関先というのが興味深く、これは、鞆の浦漁村特有のことなのでしょうか。
漁から戻ると家に上がる前に、潮を落とし身体を暖めることができ洗濯もできて便利だと思います。
ただ、なぜ路地を挟んだ棟にお風呂があり、どこまでが一軒の家の範囲かがわからないのは今後の課題です。
また、この形式は戦後からのものか、それ以前のものかも不明です。
というのも、お風呂に関しては、戦後しばらくは銭湯が中心だったと思います。
今の四角駐車場は昔は銭湯だったと聞いています。 各家庭に薪でたくお風呂があったのかも不明です。
密集しているため煙は凄いことになるし、火の用心は相当のものだったと思います。
洗濯に関しては、昔は共同井戸で洗濯をしていただろうし、洗濯機が3種の神器として家庭に普及したのは1950年代以降なので、
各住戸内に洗濯機置場がなく今のように路地に置くしかないのは戦後のことだと思うからです。







# by jutok | 2019-02-08 21:46 | 民家・集落研究

焼津の家のメンテナンス

焼津の家のメンテを行いました。

庇の先端が汚れていたものをケレンがけし、撥水剤塗装を施し美しくなりました。
竣工後13年間、この部分の掃除を全くしていなかったために汚れも目立ちましたが、
元気のあるお施主さんの場合でしたら、汚れが目立ち始めたらご自分で
脚立を立てて水洗いを数回でもしていたら、メンテ期間も長くすることができます。

家というものは、皆さん洗うという概念がないのですが、
コンクリートの建物の場合、高くない所であれば、汚れが目立ってきたら
洗ってあげるといいと思います。

自動車も10年屋外に置きっ放して洗車をしないと酷い汚れになるように
建築も条件は同じなので同じように汚れていきます。

設計者は汚れにくいように設計の工夫をしたり、簡単にメンテができるように
配慮する必要があります。

焼津の家は綺麗になり、スッキリしました

焼津の家のメンテナンス_c0160713_21052214.jpg
焼津の家のメンテナンス_c0160713_21052133.jpg
焼津の家のメンテナンス_c0160713_21052056.jpg

# by jutok | 2019-02-08 21:17 | メンテナンス

コンクリート製キッチン

コンクリート製キッチン_c0160713_21303568.jpg


コンクリート製キッチン_c0160713_21303498.jpg


安芸津の家のシンプルなコンクリート製キッチン

システムキッチンと比較して、コストを極端に抑えることができます。

カウンタートップのコンクリートを磨いてポリッシュ仕上げとすると

より美しい仕上げとなります。

# by jutok | 2018-02-23 21:34 | キッチン

抽象的な空間

絵画や彫刻に抽象絵画と具象絵画があるように、

建築にも抽象的建築と具象的建築があります。


見慣れた建物の形態を発展させる建築が具象的建築だとすると

僕がつくる建築は抽象的建築の範疇に入ると思います。

沖縄で手がけた辺名地の家は、伝統民家の平面、形態を引用していますが、

それでも、伝統をより抽象的に翻訳することを心がけてきた

ように思います。


抽象的であることの意味について、

多くの人にとってはどうでもいい話で

最後は好き嫌いの単純な話で終わってしまうのだけれど

自分の場合を改めて考えてみました。


僕の場合は、抽象的な空間に身を置くと

日常の一コマ一コマ、ちょっとした一瞬に

建築から心が動かされることの頻度が

多いように思います。


そのような時、内省というのか、心を落ち着けて

じっくりと自分の外の世界と交歓する時間に

安らぎを感じます。


ちなみに住宅に限らず、僕にとっていい建築かの判断は

感動するかしないかの一点だけです。

(単純に感動といっても、感動の要素には

専門ならではのたくさんの観点があり

体験の総合的な感想によるものです)


これは、僕が絵画を見たり音楽を聴いたりしても

そう簡単に心が動かないことを考えると、建築で心が動くかどうかは

人によって個人差があるのかもしれません。

音楽や絵画が好きな人は、僕よりもっとたくさん

心が動くのでしょう。どのジャンルにも言えることかと思います。


シンプルで何もない空間の中で、空間や光や音、

外の気配、家族の気配だけが漂い交わる中だからこそ

家族とか個人とか周囲の環境などの内に秘めた魅力が

浮き上がってくる。

モノの豊かさではない、形のないものの豊かさ。

そういう本質的な豊かさに向き合える住空間は、

生活や人間が美しくなるのではないかと思っています。


シンプルであることの力を信じています。


タグ:
# by jutok | 2018-02-14 10:54 | 建築論

divisare で紹介されました

建築のエレメントを特集した divisareジャーナルで螺旋階段が紹介されています。



タグ:
# by jutok | 2018-02-14 09:01 | 建築サイト

作品集販売のご案内

作品集販売のご案内_c0160713_23140960.jpg
 建築専門書店「南洋堂」さんのサイトでも

「EN BLANCO藤本寿徳作品集」が 

購入可能です。

書店(神田神保町)では手にとっても
ご覧いただけます。

                                      
下のリンクで本の紹介ページに移動します

今まで通り、藤本事務所のサイト(www.jutok.jp)からでも購入可能です(残部僅少)

# by jutok | 2018-02-06 23:18

自然豊かな場所に住む

昨年FMふくやまで、小林史明さんとお話しさせていただいた放送が、
下のリンク先のYouTubeで視聴できるようになっています。

番組の後半で、自然豊かな場所に住むことへの思いをお話しさせてもらいました。

今まで手がけた「弥高山の家」や「辺名地の家」「井原の家」「安芸津の家」
など土地探しからお手伝いさせていただいたプロジェクトで
考えたことを土地探しのヒントとしてお話ししました。

番組の中でお話した、福山に東京の鉄道路線図を重ねた地図も
下の方へリンクを貼りました。

福山版と広島版があります。
福山駅(広島駅)と東京駅を重ねて、東京の距離感覚と
比較できるようになっています。

東京の郊外(あるいは、千葉、埼玉、神奈川)に多くの方が住み
都心の会社や学校に通う場合の距離感と比べたら、同じ距離内に
福山、広島だとずいぶんと自然豊かな場所があるということが
わかっていただけるかと思います。
山手線の範囲は赤く示してあります。



リンクをクリックすると大きな画像で見ることができます




# by jutok | 2018-01-30 12:08

断熱コンクリート打ち放し仕上げを、標準仕様としています

コンクリート壁の内部に断熱材を打ち込むことで、断熱性能が確保されたコンクリート打ち放しの
技術を得意としています。

外断熱でもなく、内断熱でもなく、内外ともコンクリート打ち放し仕上げの壁が可能になります。

写真は コンクリート打設前の
壁の型枠の中に挿入された断熱材の写真です。

コンクリート打ち放しは暑い寒いというイメージも新しい技術で克服しています。



# by jutok | 2018-01-27 21:35 | 断熱コンクリート

展覧会のおしらせ

展覧会のおしらせ_c0160713_10104471.jpg

福山市中央図書館にて「neo-bingo 建築展」 が開催されます。
2月6日~3月12日と会期も長く
2月12日にはトークセッションも御座います。
是非お気軽にお立ち寄りください。

「neo-bingo 建築展」
・期間 2018年2月6日(火)~3月12日(月)
・時間 10:00~19:00
・場所 福山市中央図書館1F

「トークセッション」
・日時 2月12日(月・祝日)14:00~15:30
・場所 福山市中央図書館3F集会室(定員60名 申込み不要)

「出展建築家」
・今川忠男
・後藤亜貴
・濱田昌範
・藤本寿徳
・前田圭介

※ 入場無料


ちらしのダウンロード


タグ:
# by jutok | 2018-01-23 10:13 | イベント